B612で外側カメラのフラッシュを消す方法は?

この記事は2分で読めます

B612外側カメラのフラッシュの点け方
Sponsored Link

どうもー!

 

昔からそうだったのかは覚えていませんが、最近テレビのCMって長くないですか?

 

不況でCMを出す企業の単価が低くなって、その分出す企業の数が多くなる→CMの数が多くなる→CMが長くなる。

 

そんな流れなんかな?と勝手に思っています。昔と比べてCM時間に変わりがなかったらすいませんw

 

さて、今日はB612カメラの外側カメラについて。

 

B612では内側カメラだけでなく、外側カメラも使えます。その外側カメラで使用するフラッシュのつけ方と消し方について調べたいと思います。

フラッシュのつけ方は?

画面右上の「…」ボタンをタップ。

 

一番左の稲妻のようなアイコンをタップ

B612の外側カメラのフラッシュ機能について

 

するとそのアイコンが明るくなり稲妻の右にAが付く→フラッシュが付く

B612の外側カメラのフラッシュ機能について2

フラッシュの消し方は?

画面右上の「…」ボタンをタップ→ 上記の稲妻のアイコンをタップ。

 

一回のタップでAが消え、稲妻が明るいまま(フラッシュが撮影時常時ON)。

 

もう一回押すと稲妻のアイコンが暗くなるフラッシュが機能OFFになる。

 

こんな感じです。わかると簡単ですね^^

 

フラッシュ機能をONする際に稲妻の右に付く「A」はAUTOの意味でしょう。

 

実際に機能をONにして写真を撮ってみると、明るいところでは設定していてもフラッシュは作動しませんでした。ですが、暗いところではフラッシュが付き、明るく写真を撮ることができましたよ。

 

ちなみに、最初にアイコンを作動した際には稲妻ではなく懐中電灯のアイコンになっており、ライト機能がその場所にあります。そのアイコンをダブルタップすると稲妻のアイコンが現れます。

 

操作自体は簡単ですが、実は私自身この機能を知りませんでしたw

 

自撮りアプリなので、フラッシュを使うことがあまりないと思っていましたが、B612を使って外側カメラでも撮ることが多いので、フラッシュ機能があると重宝するなと思います。

 

それでは、今回の記事は以上です^^

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. B612でカメラの
  2. B612の自撮りのコツ
  3. B612に音楽をつけるやり方
  4. B612の外側カメラへの切り替えとライトのつけ方
  5. B612で撮った写真の四隅が暗くなるのを防ぐ方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。